川越・川越市・鶴ヶ島・日高・飯能エリアの弁護士 佐藤寛太 債務整理 相談無料 法テラス利用出来ます
    取扱業務   弁護士費用   問い合わせ   所在地
メールフォーム
サラ金やローンという借金問題、 債務整理については経済的なご事情に配慮し
 無料相談 としております。

債務整理無料
■弁護士費用等にご不安な方も、分割でのお支払いなどご相談ください。
弁護士費用
■私たちの事務所は、弁護士費用の立替えをしている日本司法支援センター
(法テラス)と契約をしておりますので、お問い合わせください
(ただし、法テラスの利用には一定の条件があります)
法律扶助申請
法テラス

■弁護士費用等にご不安な方も、分割でのお支払いなどご相談ください。
弁護士費用
■私たちの事務所は、弁護士費用の立替えをしている日本司法支援センター
(法テラス)と契約をしておりますので、お問い合わせください
(ただし、法テラスの利用には一定の条件があります)
法律扶助申請 法テラス


1件につき32,400円(消費税8%税込)着手・報酬全て込み

いずれのケースでも、分割払いでお受けできます。経済的ご事情によっては、
かなり長期の分割払いも可能ですので、まずご相談ください。

任意整理とは?
任意整理(和解)というのは、裁判所を通さず、弁護士が債権者と任意に交渉して、借金を整理する手続です。まず、お客様から交渉依頼のあった債権者に対し、借金がどの位あるかについて調査を行います。その結果に基づいて、弁護士が債権者と個別に減額交渉して、減額した金額に原則利息をつけずに、3〜5年程度の長期分割で返済していきます。
 
任意整理の流れ
@弁護士へ依頼手続(受任契約)

A受任通知の発送(受任契約した日に即、各債権者へ発送)
※受任通知とは弁護士がお客様の代理人になりました。という通知。
債権者からの督促・請求は止まります。

Bお客様は債権調査〜和解をする間、債権者へ返済はストップしていただきます。
C債権者から戻ってきた取引履歴に基づき、利息制限法に沿って引き直しの計算を開始します。
Dお客様に毎月どのくらいご返済出来るかなど相談し、各債権者と弁護士が交渉します。
E債権者と和解が成立し、毎月決まった和解金額をお客様が返済していきます。
  ▲個人の自己破産       270,000円(消費税8%税込)
 

▲会社などの法人の自己破産 
540,000円(消費税8%税込)〜

債務総額や事案の複雑さによって変動することがあります。
しかし、ごく小規模な会社の破産である場合、 基本的には540,000円で承っております。
※ 管財費用は別途必要
 
※ご夫婦一緒に破産をする、会社と社長とで破産をする等、
当事者は異なりますが内容が関連する場合は、弁護士費用を割安としております。

▲個人再生 432,000円(消費税8%税込)
  個人再生とは
個人民事再生手続きは、多重債務を抱えた方が、支払不能(破産状態)に陥る前に、
経済的再建をはかるための裁判手続きです。
裁判手続きにより債務額を減額した上で、手続きにより決められた金額を
原則3年間で分割弁済(返済)していくことになります。

完済されている事案の場合着手金は頂戴いたしません

過払い報酬金は、訴訟によって回収した場合は回収した金額の25%+消費税8%、
訴訟によらず回収した場合は回収した金額の20%+消費税8%
なお、 減額報酬(例えば100万円の借金が30万円に下がった場合など)は 頂いておりません。
 
過払い金とは?
銀行借入や銀行系消費者金融の利率は年15〜20%。クレジットカードでは、キャッシングの利率は年27.8%位、ショッピング・リボ払いなら18%位のものが多いようです。そして、
ほとんどの消費者金融の利率は、年25%位〜29.2%です。
弁護士が介入することで、消費者金融からの借入等、利息制限法で定められた利率を超える借金については、利息を払い過ぎていたことになります。この払い過ぎた利息を取り戻します。
 

一般の民事事件とは、このホームページの取扱業務に記したうち、 損害賠償事件、不動産がらみの事件、相続案件などを指します。
ご相談内容により費用が異なります。
経済的利益の額
着手金
報酬金
300万円以下
8%
16%
300万円〜3000万円
5%+9万円
10%+18万円
3000万円〜3億円
3%+69万円
6%+138万円
3億円〜
2%+369万円
4%+738万円
※ 別途消費税が加算されます。
月曜日〜金曜日 午前9:00〜午後6:00

電話番号 049−239−5007